東京都内には、さまざまな種類の納骨堂があります。
浄土真宗や天台宗などの宗派によって違いがあることはもちろん、納骨堂を運営しているところにも種類があります。
納骨堂の主な運営元は公営と民間業者、寺院の3つです。
運営元によってそれぞれ特徴が違うほか、どこを選ぶかによって料金の相場も変わってきます。
ここでは、納骨堂の種類やその相場について詳しく紹介します。
また、東京都内にあるおすすめの納骨堂についてもあわせて紹介していきます。

納骨堂の運営元によって費用が違う?

納骨堂の運営元によって使用料など料金の相場は変わってきます。
ここでは、納骨堂の3種類の運営元それぞれの特徴と費用の違いについて解説します。

公営の納骨堂

都道府県や市区などの自治体が管理運営しているのが、公営の納骨堂です。
全ての自治体が納骨堂を設置しているわけではなく、自治体によって納骨堂を設置しているところと、設置していないところがあります。
公営の納骨堂の大きな特徴は、利用する際にかかる費用が安いことです。
使用料や管理費用は自治体によって違いますが、ほとんどの公営の納骨堂は、民間の納骨堂や寺院が運営する納骨堂の半分以下の料金で利用できます。
ある自治体では、期限付きですが1年につき約5,000円の使用料で利用できる納骨堂もあります。

公営の納骨堂はかかる費用が安いため、それだけ人気があるのも特徴の1つです。
申し込みをしても必ず利用できるわけではなく、募集に対して応募が多いと利用者は抽選で選ばれることになります。
また、申し込みするにも条件や制限などがあり、それらを満たしていないと申し込み自体できないこともあります。
申し込みの条件は自治体によって異なりますが、多くの自治体では地元住民であることやそこに長く住んでいることなどを条件としています。
公営の納骨堂は募集も随時ではなく、毎年一定の期間を設けて行うことがほとんどです。
空き具合によっては毎年募集があるとも限らないので、利用を考える際は自治体のホームページや広報資料をまめにチェックしておく必要があります。

民間の納骨堂

宗教法人や社団法人などが管理運営しているのが民間の納骨堂です。
広告や販売などは主に株式会社などの民間業者が代理で行っています。
民間の納骨堂は公営の納骨堂とは違い、利用条件がそれほど厳しくないのが特徴の1つです。
申し込めば誰でも利用できるほか、宗教や宗派も問わないところが多くあります。
また、駅などから比較的アクセスのいい場所に立地しているのも民間の納骨堂の特徴です。
公営の納骨堂は各自治体に1カ所のみなど数が少ないですが、民間の納骨堂は公営より数が多く選択できる幅も広いです。

納骨堂にはロッカー式や棚式といった仕組みも多様にあります。
棚式を選びたいと考えていても、公営の納骨堂だとロッカー式しかないなど好きな形を選べないこともほとんどです。
民間の納骨堂では選択できる種類が多くあるため、希望に沿った形の納骨堂を選べる可能性も高くなります。
ただし、公営の納骨堂と比較すると使用料が高いのがデメリットです。
民間の納骨堂では使用料のほかに、毎年施設の管理費がかかることもあります。

寺院が運営する納骨堂

お墓のほかに敷地内に納骨堂を設けている寺院も存在します。
寺院が運営する納骨堂の特徴は、お墓と違って檀家になる必要がないことです。
以前は檀家になる必要があり、宗派もその寺院の宗派に属する人のみなどの制限がありましたが、近年は宗教や宗派を問わない寺院も増えています。
納骨後は寺院で供養をしてもらえるほか、寺院によっては毎朝お経を読み上げてくれるところもあります。
お墓に入れるのと同じ感覚で、安心して納骨できるといわれているのが寺院の納骨堂です。

檀家になる必要がないため、お墓を管理し続けなければならないという負担を減らせるのが寺院の納骨堂のメリットです。
宗教や宗派を問わないところが多いですが、その意味は寺院によって違っていることがあります。
ほとんどの場合、宗派は問わないけれど納骨後の供養はその寺院の宗派に従うというものです。
また仏教のみで、浄土宗や浄土真宗、天台宗などいずれかの宗派に属していれば利用できるという場合もあります。
宗教宗派問わずといっても、どの宗教や宗派の人でもいいというわけではなく、その寺院によって意味は異なります。

田中真田中真

納骨堂はその施設やサービス、立地によって費用の相場に差があります。公営の納骨堂は安い料金を設定しているところがほとんどですが、必ず利用できるわけではないといった注意点があるのも押さえておきたいポイントです。

東京都内でおすすめの納骨堂

迦楼塔東京

迦楼塔東京は東京都港区にある屋内納骨堂です。高級感のある施設やマンションタイプの墓地であることが迦楼塔東京の特徴です。

  1. 洗練された高級な施設
  2. 迦楼塔東京の外観は黒とグレーを基調とした気品あるデザインとなっており、入口には桜の木が植えられています。
    中へ入るとマンションのエントランスのような、高級感のある受付カウンターがあります。
    参拝室が立ち並ぶスペースへ足を運ぶと、高野山の厳かな山林をイメージしたという空間が広がっています。
    参拝室はブラウンをベースとした仕切りでそれぞれ区切られているため、周囲を気にすることなく参拝可能です。
    通路や参拝室に至るまで洗練されたデザインとなっているのが特徴的な施設です。

  3. 都内の一等地
  4. 迦楼塔東京は都内でも一等地といわれる港区三田にあります。
    付近には慶応義塾三田キャンパスや東京タワー、イタリア大使館などがあり、3つの駅からアクセスできるのも特徴です。
    迦楼塔東京へは、都営三田線・都営浅草線三田駅から徒歩6分ほどでアクセスすることができます。
    また都営大江戸線赤羽橋駅からは徒歩7分、JR山手線・京浜東北線田町駅からは徒歩8分ほどの場所です。

  5. 龍生院の本堂を室内に再現
  6. 迦楼塔東京には、龍生院の本堂をそのまま再現したといわれる厳かな雰囲気の本堂があります。
    本堂では寺院行事や葬儀、法要などを執り行っています。

  7. ICカードのみで参拝できる
  8. 迦楼塔東京では自動移送式納骨システムを導入しているため、ICカード1枚で受付から参拝まで手軽に行うことができます。
    受付カウンターで受付をしたあと、参拝室でICカードをかざすと遺骨が自動でセットされます。セットされたらお参りをするだけなので、スムーズに参拝可能です。

  9. 宗派は問わない
  10. 宗旨・宗派不問で基本的には誰でも利用することができます。迦楼塔東京では永代供養も行っているほか、希望によって戒名授与や黒御影石に家名や家紋を刻む銘板・彫刻なども行っています。

龍善寺

龍善寺にある早稲田納骨堂について紹介します。早稲田納骨堂の特徴は主に3つです。

  1. 龍善寺が直接募集している
  2. 龍善寺は東京都新宿区早稲田にある浄土真宗の寺院です。
    江戸時代初期の1638年に創建された寺院で、浄土真宗のなかでも東本願寺を本山とする大谷派に属しています。
    龍善寺では春には永代経、秋には法話会や旅行会などの行事も開催されています。
    早稲田納骨堂は、そんな歴史ある龍善寺が直接募集をしている納骨堂です。
    お墓のイメージを一新する新しい形の納骨堂をコンセプトとしており、天候を気にせずいつでも参拝できることを特徴としています。
    早稲田納骨堂の参拝室はお墓が持つ不気味なイメージとは違い、明るく広々とした室内に設けられています。

  3. 参拝室は個室
  4. 早稲田納骨堂の参拝室は全て個室となっているのも特徴の1つです。
    明るく広々とした通路には、それぞれ扉で区切られた参拝室が立ち並んでいます。
    1つの個室に3つのオープンスペースが設置されているため、混雑時もあまり待たずに参拝することができます。
    参拝室へ入ると仏壇式の納骨堂があり、両側にはモニターが設置されています。
    モニターは手元にあるタッチパネルから操作することができ、故人や家族の写真を映すことができるほか音楽もつけられます。
    モニターを活用して個室でゆっくりと故人との思い出をしのぶことができます。

  5. 人の手で遺骨を出してもらうことも可能
  6. 早稲田納骨堂では参拝時に機械ではなく、人の手で遺骨を出してもらうことができます。
    祭壇の下に遺骨を出す特別参拝というサービスがあり、特別参拝は故人の命日や記念日など特別な日に利用するのも1つの方法です。

  7. 宗派不問
  8. ほかの宗派や無宗教であっても、檀家になることなく早稲田納骨堂を利用することができます。
    早稲田納骨堂では檀家や信徒、一般など3区分の契約形式を用意しているのが特徴です。

吾妻橋天空陵苑

吾妻橋天空陵苑は東京都墨田区にある納骨堂です。
駅からのアクセスも良好で、仕事帰りや買い物の際に立ち寄ることができます。

  1. スカイツリーが見渡せる場所にある
  2. 吾妻橋天空陵苑が位置しているのは、浅草と東京スカイツリーの中間地点です。
    すぐ近くにあるスカイツリーを見渡すことができるほか、浅草へ立ち寄った際にも気軽に参拝することができます。
    都営浅草線本所吾妻橋からは徒歩2分ほどでアクセスでき、東京メトロ浅草駅からは徒歩8分ほどで行ける場所です。

  3. 天空デッキのある施設
  4. 外観は黒を基調とした重厚なデザインとなっており、エントランスへ入るとコンシェルジュが出迎えてくれます。
    白を基調とした明るくシンプルなデザインの施設内には、厳かな雰囲気の法華寺本堂やお参りスペースがあります。
    2階は1人用のパーソナルタイプ、2人用の夫婦タイプがある凌雲です。
    同じく2階には、家族向けスタンダードタイプの空翠と呼ばれる参拝スペースがあります。
    3階は天衣と呼ばれるデラックスタイプの参拝スペースがあり、階ごとに違ったタイプの参拝室が用意されています。
    またスカイツリーが見渡せる天空デッキを備えているのも、吾妻橋天空陵苑の特徴です。
    天空デッキには枯山水の坪庭と、ゆったりと座ってくつろぐことができる天空ラウンジがあります。

  5. 施設内は完全バリアフリー
  6. 施設内は全ての段差をなくした完全バリアフリー設計となっているため、年配の方や車椅子の方も気軽に訪れることができます。
    駅から吾妻橋天空陵苑までの道のりも高低差が少なく、施設へたどり着くまでの道もフラットアクセスとなっています。

  7. 宗派を問わない納骨堂
  8. 吾妻橋天空陵苑では檀家になる必要もなく、宗旨宗派を問わず納骨できるのが特徴です。
    また、期限の経過後や継承者不在となった場合、遺骨を法華寺の永代供養施設へ安置するなど永代供養も行っています。

ひかり陵苑

ひかり陵苑は山の手の一等地にある納骨堂で、安養院が管理運営しています。

  1. 50回忌まで遺骨を安置できる
  2. ひかり陵苑では最長50年間遺骨を安置することができ、その後は堂内の永代供養墓に合葬されます。
    最長30回忌までしか遺骨が安置されないという納骨堂も多いため、50回忌までというのは比較的長い期間となっています。

  3. セキュリティが整っている
  4. 全館に万全のセキュリティ体制を整えているのもひかり陵苑の特徴です。
    夜間には完全に施錠されるため、ゴミの廃棄やお供えものが盗難に遭うなどの被害を防ぐことができます。
    また、館内は完全バリアフリー設計となっており、段差がないので車椅子でも不便を感じることなく参拝可能です。
    ひかり陵苑は参拝カード1枚で気軽に立ち寄れるのも特徴の1つとなっています。

  5. 山の手エリアにある
  6. ひかり陵苑は東急目黒線不動前駅から徒歩5分ほどの場所にあります。
    バス停不動尊門前からは徒歩0分の距離です。
    山の手と呼ばれるエリアに位置するひかり陵苑の周辺には、目黒川や目黒不動尊などがあります。
    外観は石造りの重厚なデザインとなっており、周りは木々や花に囲まれています。
    館内は一等地にふさわしいモダンなデザインで、参拝ブースとして1階には照花の間、3階には煌鳥の間が設置されています。

  7. 安養院が運営
  8. 臥龍山安養院は平安時代に開かれた天台宗の寺院です。
    1624年に再建され、安養院にて安置供養された金色八尺の寝釈迦様を本尊としています。
    そんな1,000年以上もの歴史を持つ安養院で、納骨堂は管理運営されています。

相場を知って上手に納骨堂を選ぼう!

納骨堂は運営元やサービスの内容によって、費用が大きく変わってきます。
公営の納骨堂は費用が安くても人気が高いため入れなかったり、民間の納骨堂は誰でも入れるけれど費用が高かったりと、運営元によってそれぞれ特徴があります。
安いといった理由だけですぐに決めたりせず、希望する形や予算などをしっかりと考えたうえで、さまざまな納骨堂を調査して納得の行くところを選ぶことが大切です。