いわずと知れた日本の中心都市「東京」。
その中でも、数多くの企業や住宅が集まる都区内は、さまざまなものの価格が高いことでも有名です。
故人のご遺骨を供養してもらう納骨堂の費用も、地方都市と比べると割高なケースが珍しくありません。
東京都内で納骨堂を探している場合、なかなか予算に合うところが見つからず困ってしまう人もいるでしょう。
そんな人々のために、今回は東京都内で格安に利用できるおすすめの納骨堂を紹介していきます。

東京都内の相場をご紹介

田中真「東京都内にも数多くの納骨堂がありますが、地方と比べると使用料などが割高なところが多いです。
相場はすべての都道府県の中で最も高く、30~50万円ほどかかってしまいます。
東京は日本の首都であり、物価や地価も高いため納骨堂の費用も高くなりがちなんですね。
相場だけ聞くと高く感じますが、その分東京都内ならではのメリットもたくさんあります。
たとえば、管理面の問題。地方にある納骨堂は、人手不足などが原因で管理が十分にできていないところもあります。
これに対し、人手の多い東京都内の納骨堂は管理が行き届いていることが多いです。

また、納骨堂の数が多く競争も激しいため、内装にもこだわってきれいにしているところも珍しくありません。
一般的な仏壇式はもちろん、プライベート感を得られるロッカー式や、お参りする場所までご遺骨を自動的に運んでくれる機械式など、納骨堂ごとにさまざまな特徴があるのも魅力です。
さらに、アクセス面も非常に便利です。地方の場合、多くの納骨堂が住宅地などから離れた山間部に建てられています。
お参りするたびに、時間と交通費をかけて通わなければなりません。
交通費を含めた諸費用を計算すると、結局東京都内の納骨堂より高くついてしまう可能性もあります。

この点、東京都内の納骨堂は主要な駅から徒歩で行ける範囲にあることも多く、アクセスで困る心配は少ないでしょう。
お参りをしたくなったとき、気軽に出かけられるのもうれしいポイントです。
このように、東京都内の納骨堂にはさまざまなタイプがあり、地方では得られない魅力もあります。
自分の希望に合った納骨堂が見つかる可能性も高いので、いろいろなところを検討してみてはいかがでしょうか。

都内にある格安のおすすめ納骨堂

ひかり陵苑

ひと口に納骨堂といっても、その種類はさまざまです。
特に東京都内は納骨堂の数も多く、サービスや遺骨の安置方法などによって費用が大きく変わることも珍しくありません。
費用を重視する場合は、格安で利用できる納骨堂を事前に知っておくことが大切です。
そこでおすすめなのが、東京の目黒不動尊近くにある「ひかり陵苑」です。山の手エリアで唯一の納骨堂であり、墓地まで含めると約1000坪にもなる広大な敷地を有しています。
目黒川沿いには桜並木も見られ、東京都内とは思えない豊かな自然の中でご遺骨を供養してもらえます。

ひかり陵苑の特徴は、故人をより身近に感じられる、新しいお墓参りのスタイルを提唱しているという点です。
会員カードを提示すれば、ご遺骨を納めた厨子がそれぞれの参拝スペースまで運ばれてきます。
お供えに必要な花や線香などは納骨堂側で準備してくれるだけでなく、お墓の掃除なども不要なので気軽にお参りをすることができます。
納骨堂の建物はバリアフリーになっており、屋内であるため天候を心配する必要もありません。
参拝スペースは、利用しやすいリーズナブルな家族用スタンダードタイプと、専用の個室でリラックスしながら参拝できるプレミアムタイプが用意されています。
自由に選ぶことができるので、予算や遺族の希望に合わせて決めましょう。

費用は85万円からとなっており、永代供養料をはじめ戒名授与や墓碑、厨子や銘板などすべての費用が含まれています。
1つの厨子に8体までご遺骨を納めることができるので、新たに家族で使用することもできます。
しかも、ご遺骨を安置できる期間は50回忌までとなっており、ほかの納骨堂と比べても非常に長いです。
50回忌が終わったあとも、永代供養墓に合祀して納骨堂側が責任をもって供養してくれるため、子どもや継承者がいない場合でも安心して任せられます。

江北山 清水寺

東京都内にある格安の納骨堂としては、「江北山清水寺」もおすすめです。
台東区にある納骨堂で、東京メトロ銀座線の田原町駅から徒歩10分、つくばエクスプレスの浅草駅から徒歩7分というアクセスの良さを誇ります。
観音さまの霊場三十三カ所を巡る「札所巡礼」のうち、「江戸三十三観音札所」の第二番札所をつとめる由緒正しい寺院であり、さまざまな催しを通して檀家や地元の人々から愛されています。
納骨堂はなんと大正時代に設計されており、大理石を使用したモダンな造りが特徴です。
お参りをするだけでなく、独特の雰囲気をかもし出す納骨堂のデザインを楽しむこともできるでしょう。

納骨堂は、個人永代供養墓と夫婦永代供養墓の2タイプに分かれています。
どちらも13~33回忌まで使用期間が細かく設定されており、必要に応じて自由に選べます。
それぞれ永代供養料が異なるので、予算に合わせて契約することも可能です。
個人永代供養墓の場合、使用期間が13年間なら33万円、もっとも長い33年間なら50万円という料金になっています。
夫婦永代供養墓なら、13年間の使用で60万円、33年間で80万円と個人永代供養墓より割安で利用できます。
管理料や戒名授与にかかる料金などは無料ですが、ご位牌だけは有料で別途購入しなければなりません。
永代供養墓の使用期間が終了したあとは共同合祀となりますが、その後も永代にわたって寺院に供養してもらえます。

妙泉寺

少しでも安いところを探しているという場合は、江戸川区の住宅街の中にある「妙泉寺」がおすすめです。
妙泉寺は1634年に開山された長い歴史を持つ寺院であり、静かで落ち着いた雰囲気が魅力の納骨堂です。
日蓮宗の寺院ではありますが、宗派を問わず故人の永代供養を受け付けています。
ただし、供養のスタイルやお経などは日蓮宗の様式にしたがうため、故人が宗教にこだわりを持っていた場合などは注意しましょう。
妙泉寺では、納骨堂に納められているご遺骨のために、毎朝お経をあげてくれます。
また、住宅街の中にあるため参拝する人も多く、納骨堂には色とりどりの花がたくさん供えられています。
常にあたたかい供養の気持ちがあふれており、大切なご遺骨を納める場として最適です。

建物の天井には花をあしらったステンドグラスが設けられており、やわらかな陽の光で穏やかな雰囲気になっているのも魅力です。
自動の空調システムも完備されているため、季節にかかわらず快適にお参りできるでしょう。
ご遺骨を納める場合、まずは個人檀と合同檀のどちらにするか決めましょう。
個人檀は38万円、合同檀は25万円で利用できます。
契約にあたって必要なのはこの費用のみであり、年会費や寄付金などは必要ありません。
ご遺骨は納骨堂にて25年間安置されますが、期間中に事情が変わり、一般的なお墓へ移動したくなった場合は相談すれば応じてもらえます。
ただし、25年経過後はほかのご遺骨と合祀となるため、お墓への移動は不可能です。

江戸川観音浄苑

東京都内にある「江戸川観音浄苑」という納骨堂も、リーズナブルな価格設定でおすすめです。
下町情緒あふれる江戸川区に建物を構え、JR平井駅から徒歩5分という距離にあるためアクセスにも問題ありません。
平成17年にオープンした比較的新しい納骨堂であり、建物の外観や設備、内装も新しくきれいです。
午前7時から日没まで年中無休で開堂しているため、仕事などで忙しい人でもお参りに行きやすいでしょう。
線香やろうそくは納骨堂に備え付けられており、掃除の必要もないため手ぶらでサッとお参りできます。

お供え物の整理は納骨堂側が行ってくれるため、参拝後にお供え物を持って帰る必要もありません。
建物は3階建てですが、車椅子にも対応したエレベーターがあるため、足腰に不安がある人でも安心です。
駐車スペースもあるので自家用車で直接納骨堂まで行くことができ、移動の負担も軽減できます。

気になる費用については、33回忌まで供養してもらう場合、1人用だと45万円~、2人で一緒に入る納骨檀だと88~98万円となっています。
13回忌までであれば、1人用で35万円~という格安の費用で利用可能です。
もちろん、期間が経過したあとは合祀へと変わるだけなので、供養してもらえなくなる心配はありません。

ほかにも、檀家契約をすることで、故人だけでなく子孫まで利用できる永代供養付きのプランもあります。
こちらは永代使用料として188万円、管理料として年間8000円必要です。
途中で継承者が途絶えたとしても、3年が経過した時点で合祀となり、永代供養が続くので無縁仏にならずに済みます。
ほかにもさまざまなプランが用意されており、都合に合わせて最適な選択ができるという点が魅力です。
見学に行きたい場合は、事前予約が必要なので注意しておきましょう。

値段以外でも納得できる納骨堂を探そう

納骨堂は、大切な家族のご遺骨を預ける場所でもあります。
少しでも費用を節約しようとするのも間違いではありませんが、ご遺骨をしっかり供養してくれるか、サービスは問題ないかといった点もチェックすることが大切です。
安さを追求するあまり、ご遺骨をぞんざいに扱うような納骨堂では納得できないでしょう。
設備やサービスについても十分に下調べし、納得できるところを選ばなければなりません。
どこを選べば良いかわからない場合は、「迦楼塔東京」を検討してみましょう。

迦楼塔東京は、ステータスの街として知られる港区にある納骨堂です。
街の雰囲気にふさわしく重厚で美しいデザインをしているのが魅力で、1200年前に弘法大師が開いた由緒正しい寺院が運営しているため安心感もあります。
格安の納骨堂と比べると費用はかかるものの、最高のサービスと設備が用意されているのでおすすめです。
費用にはあまりこだわらない人、お参りの快適さやサービス内容などを重視する人であれば、きっと満足できるでしょう。