亡くなった人の遺骨を安置する施設を「納骨堂」と呼びます。
その施設を維持して管理するために、各納骨堂には必ずスタッフが複数おり、納骨堂を利用するお客さんとの対応など数多くの仕事をしています。
納骨堂とは、ただ単に遺骨を安置するだけの施設ではないのです。
ではその納骨堂で働く従業員になるためには、どのような行動を起したら良いのでしょうか。
そして納骨堂のスタッフの仕事内容とは、どのようなものがあるのでしょうか。

納骨堂の主な特徴とは?

納骨堂は日本各地に数多く存在しています。
元は一時的に遺骨を預かるだけの施設として誕生しましたが、その後形を変えて現在の納骨堂のスタイルが出来上がりました。
納骨方式も様々ありますが、主なものとしてロッカー式や棚式、仏壇式など多種多様にあります。
そして納骨堂の主な特徴としては、遺骨を埋葬するのではなく収蔵する施設なのです。そこがお墓と納骨堂の大きな違いの一つです。

田中真田中真

お墓と納骨堂の一番の違いと言ってよいでしょうね。
お墓はご遺骨を「埋葬」する場所であり、納骨堂はご遺骨を「収める」ところというわけですね。

さらにお墓に比べると、費用面でも大きな差があるのが特徴です。
一般的にお墓を建立するためには、150万円から300万円くらいが相場であるといわれています。
しかし納骨堂では墓を建てる必要がないので、数十万円程度の費用で済むこともあります。
ですからお墓に代わる方法として、利用者が増えているのです。

田中真田中真

もともと納骨堂とは、経済的な理由からお墓を建立することが出来なかったり、墓を存続させることが難しいような人のためにつくられたものです。しかしそれ以外にも高齢化などにより、お墓の維持管理が難しいような人も数多くいます。そのような理由からも、納骨堂を選ぶ人が増えているという事が実状でしょうね。

さらにお墓の場合には、屋外にある事がほとんどであり、雨などの天候不順の日に参拝することは手間が掛かります。
さらに風雨によりお墓が汚れる為に、掃除なども頻繁にしなければなりません。
しかし納骨堂は建物の中にあるので、その心配もいらず掃除の手間もかかりません。

田中真田中真

確かにお墓参りは大変ですよね。天候が悪い日だけではなく、お盆の暑さが厳しい日に通うのは一苦労です。納骨堂であれば室内にあるので、そのような日でも参拝することが出来ますから安心ですよね。

納骨堂の運営元とは?

納骨堂と一言で言っても、その運営元は大きく3つに分かれています。
それは主に「公営納骨堂」「民間納骨堂」「寺院納骨堂」に分類することが出来ます。
まず一つ目の公営納骨堂は、都道府県や市町村などの自治体が運営している納骨堂です。
公営納骨堂の特徴は、自治体によって利用を希望する際の申し込み条件が異なることが挙げられます。
ですから利用したい時には、各納骨堂に問い合わせて条件を確認した方が良いでしょう。
そして公営の納骨堂を利用する主なメリットは、民営の納骨堂に比べると費用を浮かすことが出来ることです。
他にも寺院納骨堂と違い、宗旨宗派が問われることもありません。

公営納骨堂にはデメリットもあります。
それは公営の場合には費用が安いなどの理由から、申し込み数が多いという事が挙げられます。
そうなった場合には抽選になってしまいます。
各自治体により抽選の仕方も異なるので、利用したい納骨堂のある自治体のホームページを確認してください。
次は民間納骨堂の特徴です。民間と言っても株式会社が運営している納骨堂はありません。
法律により納骨堂を株式会社が運営することは不可能だからです。
その為に納骨堂の運営は主に、宗教法人や社団、財団法人が行っています。

民間納骨堂のメリットは、公営と似ていて宗旨宗派を問わない事です。
ですから誰でも利用することが出来ます。
さらに東京近郊の民間納骨堂では、駅から徒歩圏内で行けるような、アクセスの良い場所に立地していることも多いです。
しかし公営の場合と異なっているところは、申し込みの際の条件が、定められていない場合が多いという事です。
申し込みの条件は各納骨堂により異なりますので、利用したい納骨堂のホームページを訪れてチェックしておきましょう。

もう一つは寺院納骨堂です。
こちらはその名の通り、寺院が運営している納骨堂のことです。
一般的に寺院のお墓を利用するときには、その寺院の檀家になりますが、納骨堂利用の場合にはその必要がない寺院が多いのが特徴的です。

納骨堂での主な仕事内容とは?

では納骨堂で働くスタッフの仕事内容とは、どのようなものがあるのでしょうか。
仕事内容は納骨堂によりそれぞれ異なる部分もあります。
しかし共通している仕事内容は、お参りに来た人や見学者の案内などがあります。
他にも仏事に関する電話対応などの受付作業や、パソコンでの入力作業、花瓶の花の手入れや掃除など仕事は多岐にわたります。

その他にも営業販売などの仕事をすることもあります。
ですから納骨堂の仕事は、仏事の知識を持たなければ務まらないイメージがあります。
もちろんその知識は必要ですが、大切なことは納骨堂を利用するお客さんとの対話などから、しっかりと経験を積んで学んでゆき、仕事を覚えていくことです。

田中真田中真

納骨堂って無人でも運営できそうなイメージがありますがとんでもないです。沢山のスタッフがいろいろな仕事をこなしているからこそ施設を運営できますし、利用者や見学者も心地よく利用できるのですね。

納骨堂で働く上での注意点

納骨堂で働く上ではいくつかの注意点もあります。
まずは接客についてです。
納骨堂では元気いっぱいで明るい接客よりも、落ち着いた接客が必要とされます。
コンビニなどの接客では、声は大きい方が良いとされます。
しかし納骨堂で大きな声を出すスタッフがいたら、お客さんも引いてしまいますし、うるさく感じることでしょう。
他にも納骨堂によっては、スタッフでも宗派が関係してくるところもあります。
宗旨宗派を問わない納骨堂も多いですが、そうではないところもあるという事です。
ですから納骨堂の求人に応募するときに、きちんと宗旨宗派について確かめておくことが大切です。

納骨堂で働くための方法とは?

では納骨堂で働くための応募の仕方には、どのようなものがあるのでしょう。
まずは求人サイトを利用する方法です。
インターネットの求人サイトにアクセスすると、主に民間や公営の納骨堂の求人がたくさんヒットします。
仕事内容は主に受付スタッフの募集であったり、霊園内の案内スタッフや、一般事務スタッフなど納骨堂によって内容は様々です。
求人形態もパートやアルバイトなどの時間給社員の募集や、月給制の正社員の募集などを受け付けているところもあります。
自分の応募したい形態のところがあれば、応募してみるのも良いでしょう。

田中真田中真

求人サイトから見つけることが出来るのは、民間と公営が多いようですね。東京近辺であれば特に求人数は多いですね。

納骨堂の求人は「職業安定所」でも見つけることが出来ます。
ネットの求人サイトから探すことを苦手とする人は、直接職安に出向いて納骨堂の仕事があるかどうか調べてみましょう。
それ以外にも、直接寺院に仕事の問い合わせをするという方法もあります。
これは民間や公営の場合ではなく、寺院納骨堂の仕事を探すときには良い方法です。
インターネットで働きたい寺院の電話番号や、メールアドレスを調べて仕事があるかどうかを聞いてみるのも良いかもしれません。

田中真田中真

民間と公営の納骨堂の求人であれば、ネットの求人サイトや職安で探す方法がベストかもしれません。しかし寺院の納骨堂であれば、直接お寺さんに聞いてみるのも良い手段ですね。正社員やパート、アルバイトなど納骨堂によって募集形態はいろいろあるので、自分にマッチした働き方を見つけることが大切ですね。

納骨堂での仕事は特殊?

世の中には、仕事の種類が数えきれないくらいあります。
その中でも納骨堂の仕事は、やや特殊な仕事内容であると言ってよいかもしれません。
なぜならば、人の死に直面する仕事であるという事です。
このような人の死に直面する仕事は、葬儀会社や火葬場の仕事など他にもありますが数は限られています。
このような仕事は悲しみの中で行う仕事であるために、仕事に従事する際には十分な注意が必要になります。
例えば笑ってはいけないところで、白い歯を見せたりするようなことは厳禁です。

他にも注意しなければならないことは、仕事をする時の身だしなみです。
だらしない格好や、参拝者や見学者が不快になるような服装は決してしてはいけません。
ただし納骨堂の従業員として働くようになれば、そのような点も徹底的に教育してもらえるでしょう。
その他にも言葉遣いも重要です。
参拝者と直接話す時や電話応対の時であっても、言葉遣いは丁寧に正しく話さなければなりません。
それを心がける必要があります。

そしてとても大切なことは、参拝者の気持ちに寄り添う接客をすることです。
参拝者が何を求めているのかなど、相手の気持ちを汲み取る癖をつけなければなりません。
参拝者や見学者、電話を掛けてくれた人に対して、本当にありがたい気持ちで接することです。
そのような接し方を心がけてゆけば、訪れた人も快適に納骨堂を利用できるようになるでしょう。
最初は大変で失敗もあるかもしれませんが、数多くの経験から学んでゆくことが大切です。
納骨堂を訪れる参拝者は故人を偲んで訪れます。
見学者はどのような施設で、どのようなサービスがあるのかを知りたくて、訪れたり電話をしてきたりします。
内容はそれぞれ違いますが、常に相手の気持ちを理解してあげることが大事ではないでしょうか。

大切な人との時間を過ごしていただくための大事なお手伝い

このように納骨堂の仕事は、亡くなった人の遺骨を扱うという重大な責任ある仕事なのです。
若干特殊な仕事ではありますが、仕事内容は受付など一般の仕事と変わらないところもあります。
仕事を始めたばかりの頃は大変に思う事もあるでしょう。
しかし経験を積んでゆけば必ず慣れて、仕事が身についてくるものです。
参拝者や見学者の気持ちに寄り添いながら、徐々に仕事に慣れてゆきましょう。