仏教のお葬式は、宗派によってそれぞれ決まったスタイルで行われます。
遺骨をおさめる納骨堂にも宗派があり、浄土真宗の納骨堂も全国には数多く存在しています。
納骨をする前には、自分の家の宗派に合った納骨堂を探しておく必要があるでしょう。

例えば、家の宗派が浄土真宗の人は、浄土真宗のお寺に併設された納骨堂などを探してみるのが1つの方法です。
ここでは、浄土真宗の納骨堂の特徴や東京都内でおすすめの納骨堂などをご紹介していきます。

浄土真宗について知ろう!

浄土真宗は、鎌倉時代の僧である親鸞聖人が開いた仏教の宗派です。
鎌倉仏教の1つである浄土真宗には、いくつかの特徴があります。

阿弥陀如来を本尊とする

浄土真宗の本尊は、阿弥陀如来です。
阿弥陀如来は、仏のなかでもとくに位が高い如来と考えられています。
浄土真宗は、この阿弥陀如来を唯一の仏として信仰するのが特徴です。

故人は阿弥陀如来に導かれて極楽浄土で仏になる

浄土真宗では、人が亡くなるとすぐに阿弥陀如来がお迎えにやってくると考えます。
「阿弥陀如来を心から信仰することで極楽浄土へ導かれ、仏になれる」のが浄土真宗の教えです。
親鸞は、悪人こそが阿弥陀如来の力で救済されるという「悪人正機」を説いたことでも知られています。

位牌や、お墓、仏壇などは必要ではないとされている

浄土真宗の大きな特徴は、位牌を用いないことです。
仏教のほかの宗派では、戒名などを記した位牌を仏壇に安置するのがしきたりになっています。
浄土真宗はこのような習慣がなく、仏壇やお墓も必ずしも必要ではないとされています。

法要は永代読経の儀式

仏教のほかの宗派では、故人が迷わず成仏できるように永代供養という形で引き続き供養をしていきます。
浄土真宗の場合は、こういった追善供養を行いません。
浄土真宗では、故人は阿弥陀如来によってすでに救済されていると考えられており、僧侶にお経をあげてもらう法要などは永代供養ではなく永代読経と呼ばれています。
永代読経は、生きている人が仏と仏縁をつなぐために行う儀式です。

浄土真宗における2つの宗旨宗派とは?

浄土真宗には、「本願寺派」と「真宗大谷派」の2つの宗旨宗派があります。
本願寺派の特徴としては、次のようなポイントが挙げられます。

  • 京都の西本願寺が本山
  • 日本の仏教系宗教法人では信者数が最多
  • 浄土真宗本願寺派宗法のもとで運営されている

本願寺派は、「お西さん」の愛称で親しまれている京都の西本願寺が本山になっています。
日本には浄土真宗の本願寺派の信者が多く、仏教の宗派のなかで最多と言われています。
本願寺派は、浄土真宗本願寺派宗法のルールに則って運営されています。

田中真田中真

本願寺派は、阿弥陀如来を本尊とし念仏を唱えることを大切にしています。ちなみに、本願寺派の念仏である南無阿弥陀仏の読み方は、なもあみだぶつです。以下でご紹介する真宗大谷派とは少し読み方が変わるので、違いを覚えておくと安心です。

真宗大谷派の特徴は、次のような点です。

  • 京都の東本願寺が本山
  • 境内に御影堂と阿弥陀堂がある
  • 仏説無量寿経の教えを重んじる

浄土真宗の真宗大谷派の本山は、京都にある東本願寺です。
東本願寺は「お東さん」と呼ばれ、西本願寺と並ぶ浄土真宗の代表的な宗派です。
東本願寺の境内にある御影堂と阿弥陀堂には、親鸞聖人の真影が安置されています。
こちらのお寺では、親鸞聖人が経典として重んじていた仏説無量寿経の教えを大切にしています。

田中真田中真

真宗大谷派も、阿弥陀如来を信仰することや念仏を重視する点は本願寺派と同じです。ただ、念仏の唱え方やお葬式での焼香の仕方などに本願寺派と少し違う点があります。東本願寺派では、南無阿弥陀仏をなむあみあぶつと読みます。

浄土真宗の納骨堂の特徴とは?

浄土真宗の納骨堂には、ほかの宗派にはない特徴が見られます。施設を探すときや利用の申し込みをするときには、次のような点を覚えておくと便利です。

  • 永代使用料ではなく、「懇志」や「冥加金」と呼ぶ

    納骨堂を契約する際には、通常は永代使用料を納めます。
    浄土真宗の納骨堂では、このような使用料を「懇志」や「冥加金」と呼びます。
    「永代使用料」という言葉を使わないところは、浄土真宗の納骨堂の1つの特徴です。
    「懇志」はお寺への寄付やこころざし、「冥加金」は僧侶への御布施のことです。

  • 位牌がない

    位牌を作らない浄土真宗では、納骨堂にも位牌を安置しません。
    仏壇などが備えられている納骨堂でも、位牌を置く段などはとくに設けられていないことが多いです。