東京都の中でも人気のある港区。港区に長年住み、愛着が沸いたこの土地の中で納骨堂も選びたいという人も多いことでしょう。
しかし、納骨堂の費用相場がいくらぐらいなのか、納骨堂はどのようなものがよいのか、など納骨堂についての情報を得るのは難しいものです。
この記事では港区で納骨堂を探したい人のために情報をまとめました。
納骨堂取扱歴12年の納骨堂コンサルタント「田中真」が、港区の納骨堂の中からおすすめのものをご紹介します。

港区の納骨堂の費用相場を紹介!

田中真田中真

こんにちは。納骨堂コンサルタントの田中です。港区で納骨堂をお探しの方に僭越ながらアドバイスをさせていただきます。まず、港区の納骨堂の相場はどのぐらいか解説しましょう。

東京都港区の納骨堂の相場は、全国平均に比べると高めです。
1人用のものなら安いもので約30万円、高いものでは約80万円です。家族用なら約80~130万円ほどで、1人用も家族用も最小金額と最大金額の差は約50万円にもなります。
港区は東京の中でも納骨堂の数が多いため、金額の差が大きく出やすいのです。
納骨堂そのものの品質だけでなく立地やアクセスのしやすさも考慮して、妥当な費用かどうか判断する必要があります。
そもそも港区は地価が高く、墓として利用できる土地も限られるため、墓地や霊園での供養は墓石代や永代使用料を含めると高額になりやすいです。墓地や霊園での供養と比較して納骨堂の相場費用を見ることも大切でしょう。

田中真田中真

納骨堂は墓地での供養に比べてリーズナブルな供養方法ですが、東京都は費用相場が高めで『港区では1人用は最低30万円から、家族用は80万円から』と見積もっておいたほうがよいでしょう。

港区にあるおすすめの納骨堂は?

田中真田中真

具体的に港区のおすすめの納骨堂を紹介していきます。費用だけでなく立地やアクセスのしやすさなども考慮して、総合的に良いと思える納骨堂を選ぶのがポイントです。

「迦楼塔東京」は三田高野山弘法寺内にある上品な品格を持つ室内納骨堂です。
宗旨宗派を問わず、無宗教やキリスト教の方も入れます。檀家加入だけでなく、法事や法要の強制もないので安心です。
費用はシングルタイプ68万円、パートナータイプ88万円、プレミアムタイプ120万円となっています。
年間護持会費はシングルタイプのみ0円で、残りの2つは1万5000円です。
プレミアムタイプは遺骨を何名でも引き受けてくれるうえに永代使用権もつきますので費用以上にお得と言えるでしょう。
すべてのタイプで戒名が無料で授与され、生前の年間護持会費も一括納入を条件とすれば無料になります。
JR「田町駅」 から徒歩8分、都営三田線・浅草線「三田駅」からは 徒歩6分、都営大江戸線「赤羽橋駅」 からも徒歩7分と、3つの駅から行けるのでアクセスも良好です。
バスなら東急バス東98系統「慶應義塾東門」から徒歩1分。駐車場もあります。

道往寺「高輪庭苑」は美しい庭園の中にある納骨堂です。
「自然に囲まれて安らかに眠りたい」という人の願いをかなえるかのように、四季折々の花と緑に囲まれた施設となっています。
宗教・宗派は不問、檀家になる必要もありません。
用意されている納骨堂は1人用のみですが、費用は永代供養料込みの50万円で、納骨手数料や護持費も不要です。
電車で行くなら京急本線・都営浅草線「泉岳寺駅」A3出口から徒歩1分、東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪駅」から徒歩8分とアクセス良好。
都営バス[反90][反96][品97]系統の「高輪一丁目」から徒歩3分、または都営バス[反96][品97]系統の「泉岳寺前」から徒歩3分とバスでも行きやすくなっています。駐車場完備のため車でも大丈夫です。

「赤坂一ツ木陵苑」は真言宗智山派の威徳寺にある室内納骨堂です。
ここは真言宗の開祖である空海にちなんで、「空」と「海」という名の納骨堂兼参拝室を備えています。
両方とも8霊まで入ることができ、「空」は豪華で個室のようなつくりの納骨堂で費用は114万円、対して「海」は機械式の納骨堂となっていて94万円です。
年間護持費用はどちらも1万6000円です。
ほかの納骨堂と同様に宗旨・宗派を問わずに入れ、檀家になる必要もありません。
また、苑内で法事や葬儀も行えるのが魅力です。東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」から徒歩2分、東京メトロ千代田線「赤坂駅」から徒歩5分と電車でのアクセスは良いですが、駐車場がないので車で来る場合は注意が必要です。

「芝大門御廟」は増上寺山内寺院花岳院内にあります。
花岳院は室町時代、知雲上人の隠居寺として創設された由緒あるお寺です。
1人用の個人壇は30万円で都内の室内納骨堂費用としては安く、年間護持会費もかかりません。
宗旨宗派、継承者不問で、寄付の強要もないため安心です。
家族壇も2霊、3霊、4霊用があり、それぞれの費用は60万円、80万円、100~110万円となっています。
こちらも護持会費無料です。都営大江戸線・都営浅草線「大門駅」から徒歩2分、JR「浜松町駅」から徒歩4分、都営三田線「芝公園駅」「御成門駅」から徒歩5分となっていて電車でのアクセスは良好です。
駐車場はありませんので注意してください。

「善福寺 屋内納骨壇・麻布山廟」は冷暖房、給湯、エレベーターなどが完備され、地震や火事にも強い鉄骨鉄筋で造られた納骨堂です。
善福寺は都内で浅草寺の次に古い寺院なのですが、新しい設備もきちんと備えています。
無量寿堂は30万円と安いですが共同納骨壇です。
個別スペースが用意された特別小型壇は80万円で、納骨御仏壇冥加金と護持費50年分として20万円を含んだ価格となっています。
ほかにも新型標準壇や新型特別壇といった高額な納骨堂もあり、それぞれの総額は300万円と400万円です。
どの納骨堂も年間護持会費のような経費負担は一切ありません。
宗旨・宗派は在来仏教であれば問題ないです。電車なら営団地下鉄南北線「麻布十番駅」から徒歩4分、都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」から徒歩6分、駐車場を備えているため車で行くこともできます。

納骨堂の費用は差がありますが、手数料や年間護持会費なども留意すべきです。設備が整っていることや納骨堂のある施設内の様子なども重要な要素となりますね。
基本的にはどのお寺へも電車でのアクセスはしやすいですが、車やバスで行くことができるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

人気の港区でこだわりの納骨堂を見つけよう!

港区は人気のある街です。住んでいる人が多い分たくさんの墓地や霊園があり、納骨堂の数や種類も豊富です。
納骨堂そのものの品質と費用ばかりが気になってしまって、どの納骨堂にすればよいのか迷ってしまいますよね。
それらのことだけに目を奪われずに、設備が整っていることやアクセスのしやすさなども考え、自分も家族も納得できるこだわりの納骨堂を見つけてください。